競争が激化するビジネスシーンにおいては、エッジの効いた鋭さが不可欠です。
ニッチな所にしっかり食い込む、とんがった製品・サービスを供給してまいります。

6月, 2012年

製品情報の追加

2012-06-05

次の製品情報を追加しました。

NaI(Tl)シンチレータ
CsI(Tl)シンチレータ

NaI(Tl)シンチレータ

2012-06-03

NaI(Tl):タリウム活性化ヨウ化ナトリウムの単結晶シンチレータです。

特性一覧

密度 3.67 [g/cm^3]
融点 651[℃]
硬度 2.1 [Mohs]
屈折率 1.85
潮解性 あり
発光量 38000 [Photons/MeV]
減衰時間 250[ns]
ピーク波長 415 [nm]

型式一覧

型番 寸法
LEC2IR1010 Φ1″ × 1″

LEC2IR2020 Φ2″ × 2″

LEC2IR3030 Φ3″ × 3″

その他の寸法につきましてはお問い合わせください。

見積もり依頼はこちらからどうぞ。
その他ご質問・ご注文はお問い合わせフォームあるいはメールにてお願いいたします。
inquiry@le-algorithms.co.jp

CsI(Tl)シンチレータ

2012-06-03

本製品は、シンチレーション性能向上のためにタリウムを微量に添加して単結晶化した、タリウム活性化ヨウ化セシウム: CsI(Tl) シンチレータです。ヨウ化セシウムの結晶は、劈開面のない立方晶構造で比較的硬度が低い為、割れにくく衝撃に強い特性をもっています。そのため、振動や環境変化の比較的大きい場所で使用することが可能です。ただし、僅かに潮解性を持っております為、湿度の高い環境下で使用する場合には、防湿の為のシーリングをすることが推奨されます。
約4.5[g/ cm3]という高い密度によりエックス線あるいはガンマ線に対する強い阻止能を示し、ガンマ線の入射時の蛍光出力はNaI(Tl)結晶と比較して、およそ45%の強度を持っています。図1に示しますような発光波長特性を持ちますので、光電子増倍管やフォトダイオードと接合して使用できます。発光波長のピークは550[nm]付近であり、比較的長い波長成分を多く含む為、特にフォトダイオードの感度波長とよく適合します。そのため、小型のセンシングデバイスへの組み込みが可能となる利点があります。



特性一覧

密度 4.53 [g/cm^3]
融点 621[℃]
硬度 2 [Mohs]
屈折率 1.78
潮解性 僅かにあり
発光量 56000 [Photons/MeV]
減衰時間 1050[ns]
ピーク波長 550 [nm]

型式一覧

型番 寸法
LEC3M101010 10mm × 10mm × 10mm

LEC3M101020 10mm × 10mm × 20mm

LEC3M101030 10mm × 10mm × 30mm

LEC3I101010 1″ × 1″ × 1″

LEC3I202020 2″ × 2″ × 2″

LEC3IR2020 Φ2″ × 2″

その他寸法の特注可能(小ロット可)ですのでお問い合わせ下さい。

見積もり依頼はこちらからどうぞ。
その他ご質問・ご注文はお問い合わせフォームあるいはメールにてお願いいたします。
inquiry@le-algorithms.co.jp

Copyright(c) 2012 Leading Edge Algorithms Co., Ltd. All Rights Reserved.